banner

背景の画像について

ホームページ制作,背景,画像

HTMLの知識さえあれば、ホームページ制作は誰にでもできます。

しかし、ホームページは誰にでも作れるけれども、ホームページ制作を始めたばかりの人が躓いてしまう点がいくつかあります。その一つとして、訪問者がなかなか増えないことが挙げられます。折角ホームページを作ったのだから、より多くの人に見てもらいたい、という気持ちはホームページを作る人ならば誰にでもあることです。ホームページのテーマや検索エンジンの上位になかなか上がらない、ということも理由としてあるかもしれませんが、ここでは、ホームページ制作においてのデザイン上の問題を説明します。

まずは、目に優しくないホームページ制作を行っていないかを見直してみます。

目立つページデザイン、あるいは最初に訪れた人をあっと驚かせるページに憧れる気持ちは分かりますが、訪問者が求めるのは、読みやすく、かつ自分が求める情報がすぐに閲覧できるホームページです。背景と文字が原色だったり、喧嘩し合うような配色だったり、あるいは派手な画像であったりすれば、訪問者はまずブラウザバックしてしまうでしょう。やたらとチカチカする文字も好まれません。

背景をデジカメで撮って何も加工していない写真などは、ページが重くなってしまい、ページの読み込みに時間がかかってしまう場合があります。

読み込みに時間がかかるのは訪問者を遠ざける原因となります。ホームページ制作をする際は、訪問者にストレスなくページを閲覧してもらうことを一つの目標とします。どうしても使いたい背景があり、それが文字を見にくくするものであれば、文字表示用に薄い色の表を作り、その中に文字を入れるなどの工夫をします。

理想としては、1ページ辺りの容量は100ないし200キロバイトを目安にし、今や多種あるインターネット機器の大半でストレスなく読み込めるようにします。写真や自分で制作した画像も、ホームページにアップロードする前に容量を見てみます。100キロバイト以上は要注意です。大き過ぎる物は縮小などをして加工します。ウェブにアップロードするだけの画像であるならば、解像度が低くても問題ありません。今では、解像度はそのままに、容量を軽くするフリーソフトもあるので是非とも利用しましょう。

ページはできるだけシンプルに、かつコンテンツが見やすく更に使い勝手が良いホームページであれば、ホームページ制作においてデザイン上では問題ないかと思われます。

Copyright(c)2014 ホームページ制作のクオリティを保つために重要となるルールAll Rights Reserved.