banner

ボタンの名前を学ぶ

ホームページ制作,ボタン,名前

ホームページ制作に関しては色々なデザインを決める要素があります。
カラーリングに関してもシックで渋いイメージにするのか、ポップで激安な売り込みが強いイメージにするのかで変わります。

また、デザインに関してもフレームの無い単一のページを表示するケースもありますし、複数のフレームを閲覧して同時に複数のページを閲覧する必要があります。

ホームページ制作は今まで、単純に情報提供者の伝えたい事ができれば十分でした。
しかし、インターネットの情報が専門家だけではなく一般の人々まで利用するようになってきました。

このような色々なデザインの要素がある中で、ボタンはとても重要な位置づけになります。
それは、ボタンを押すという事は、今見ているページから新たなアクションを起こすという事が発生するからです。そのアクションをユーザーに起こしてもらう為にホームページ制作をする人は色々な施策を施していきます。

なぜ、ボタンを押してもらう必要になるかというと、一般の人々が利用する数々の場面があります。
ネットショッピングにてショッピングをする際に押すアクションだったり、ホテルの予約をする最後のアクションであるケースがあります。

そのボタンには色々な工夫が必要になります。それは、通常は購入とかBUYという日本語や英語表記の名前で記入する場合があります。これ以上にアクションを起こしてもらう為に名前を文字にするのではなく、絵文字やキャラクターのアイコンを利用する事で次のページの表示や次なるアクションに繋がっていきます。

この押してもらうというアクションはホームページ制作にとって重要な要素になります。

なぜなら金額が動くケースがとても多いからです。
それは、プルダウンにて色々な項目を選択したり、マウスのホイールを動かして表示している画面をスクロールさせる事もできます。しかし、このようなアクションに関してはウインドウショッピングと同じで金銭が動かないケースがほとんどです。

つまり、ホームページ制作にとって、色々なページの要素を楽しんでもらって商品の購入へ繋がったりサービスの提供にも繋がっていきます。 

今後は、少ないユーザーのリピート率を中心にデザインする事が多かったのですが、ユニバーサルデザインを追加して導入する事によって幅広い年齢層や色々な性別の人だけでなく、健常者や障害者に関係なく利用してもらうスタンスが拡がっています。

このように、今後はホームページ制作に関しても色々な事を考慮する必要があります。

Copyright(c)2014 ホームページ制作のクオリティを保つために重要となるルールAll Rights Reserved.