banner

wordpressを使ったホームページ

wordpressを使ったホームページ作成でのソースの埋め込み

エディタなどを使ってタグを書きながらホームページを作っていくというのが、昔は当たり前でしたが、最近はwordpressのようなツールを使って作るということが増えてきています。

wordpressでホームページを作るメリットとしては、サーバーにアップロードされ、ネットに公開されている状態でブラウザから編集を出来るという点です。従来の、エディタでタグを手書きしていくという作り方の場合、ページを作ったら、サーバーにアップロードして、ブラウザでアクセスして問題なく見られるかどうか確認する必要がありました。しかし、wordpressの場合、既にネットで公開されている状態での編集が可能なので、ページを作るたびにアップロードをするという手間がないのです。

ツールを使ってホームページを作る場合、自由度はどうなのかと心配する人もいるでしょう。たとえば、デザインのカスタマイズを行えるのか、あるいは、動画やプログラムなどを埋め込み出来るかどうかといった点です。

wordpressの場合、カスタマイズについても問題なく行うことが出来ます。たとえば、デザインの変更であれば、テンプレートとスタイルシートを編集すればいいのです。これらのことも、ブラウザからおこなうことが出来ます。

また、動画やプログラムの埋め込みですが、記事の編集画面でソースを貼りつけることで、問題なく可能です。注意したいのは、編集モードです。編集モードには二種類あります。まず、ボタンをクリックするだけで太字にしたり、フォントの大きさを変えることが出来る編集モードがあります。

このモードの場合、HTMLを知らなくても文字のデザインを簡単に行うことが出来ます。ただ、このモードにソースを貼ってしまうと、ソースではなく、文章として認識されてしまうので、動画やプログラムをうまく実行させることが出来ません。

なので、もう一つの編集モードである、HTMLを直接書き込むモードでソースを貼りつけるようにしましょう。このモードであれば、HTMLのソースは、そのままソースとして認識されます。二つのモードの切り替えは、ボタンをクリックするだけで簡単に出来ます。

上記のように、wordpressを使ったホームページ作成は、初心者にとっては簡単に出来ますし、また、デザインを変更したり、ホームページでいろいろな表現をしたいという上級者にとっても、自由度が高くてやりやすいです。

Copyright(c)2014 ホームページ制作のクオリティを保つために重要となるルールAll Rights Reserved.